アウトドア キャンプ キャンプ場 キャンプ用品

キャンプ場での火おこしの道具や手順について~キャンプ初心者にお伝えします~

投稿日:

こんにちはかつるいスです。

今日はキャンプ場での火おこしについてお伝えしようと思います

私自身が火おこしをして必要なものや

実際の経験から思ったことをお伝えしようと思います。

最後まで読んでいただければ

火おこしについて一般的なことがわかると思います。

また、実際に便利だなと思ったキャンプ用品もお伝えしております

参考にしていただければと思います。

目次

1、火おこしに必要な道具

2、簡単に火おこしの手順

3、私の失敗談

ではいってみましょう

1、火おこしに必要な道具

まずは必要な道具だけ簡単にお伝えします。そのあと詳細ということで!

炭、手袋、ライター、トング、着火剤、送風するもの

これで火おこしはできます。

我が家では新聞紙は使っていませんよ!

1-1 炭

当たり前だろ!と言われそうですが

一言だけ言わせてください!

荷物が多い人!

必ずキャンプ場にあります!無理して買う必要ありませんよ!

私はスバルのXVに乗っていました。(今はステップワゴン)

荷物があまり入らないのでいつも苦労していましたので

現地で手に入るものはなるべく現地で手に入れてましたよ!

1-2 手袋

私は革手を使用しています。

私の仕事上、革手が丈夫で耐火性が高い事を

嫌というほど味わっています

ロープでするするモノとか降ろしても

あまり手が熱くならないんです。

とにかく何かと役に立つと思います一個あれば十分ですよ

1-3 ライター 

これは100円ショップのチャッカマンで十分です。

ただし、壊れやすいのでちゃんと

火がつくのか確認が必要ですよ

1-4 トング

これは長いトングがいいですね

調理用だと短くて

炭を足すときに熱いかもしれないので

ゴミ拾いに使うようなものがいいと思います

1-5 着火剤

これはおすすめのものがあります

ロゴスの着火剤です。

ワイルドワンでおすすめされました

近くのワイルドワンでは着火剤としてこれがメインで置いてあります

今まではこれを使っていました


決して写真の焚き付けが悪いわけではないのです

ロゴスの着火剤が便利なんです

利点は

1、着火剤として長く火がついている

2、必要な分だけ取り出せる

3、結果的にお得かな

実際に使ってみて分かったことですが

たきつけは火はすぐ着くのですが長持ちしないんです

だからすぐなくなっちゃう

でもロゴスの着火材は長持ちしますよ

たぶん同じ数量だったら3~4倍くらい長持ち

するんじゃないかなぁ(個人的な感想ですよ!でもホントそのくらい)

また、たきつけは油がしみ込んでいるので

蒸発してしまい次のキャンプでは使えないと思いますが

ロゴスの着火材は一個一個取り出せるタイプなので

次のキャンプでも使えます!

3、結果的にお得かな

ここは自信ないのですが

私はたきつけの場合一回のキャンプで2袋くらいは最低使っていました

使いすぎかもしれませんが

火おこし苦手ですみません!

ロゴスのブロックだと一回のキャンプで半分くらい

うーんまだたきつけの経済的にはお得かもしれませんね

買いに行く手間や使い回しがきく点ではよいですので

経済的にはお得かなぁくらいですかね

1-6 送風するもの

火を起こす際に必要なもので

うちわや送風機が一般的ですかね

あまり下記のような送風機を使用している人は見たことないですが

雰囲気はいいですよね!

私がキャンプ場で使用する際のおすすめ送風機はこちら

ブロワーです

工事現場の掃除とかで使う送風機です

結構パワーがあります

私がおすすめするのは中古での購入です

なぜなら

私も弱い風しか出なくなった

壊れかけのものを

使用しておりますがキャンプでは十分だからです


これがあれば火おこしは早くなりますよ

ただし、火の粉がまって目に入ったことがあるので

注意してください。特に子供の目に入ったら大変!

下記の記事でも火の粉が目に入ったことについてふれていますので

ご参考までに貼っておきます

2、火おこしの手順

1、 着火剤をはじめにのせる

2、 炭を着火剤の上にのせる

3、 火をつける

4、 火種に炭を直接ふれるように置く

5、 送風する

こんな感じですかね。

写真がなくてすみません。今度、動画撮って貼り付けますね!

でもやってみると意外と簡単ですよ!

私も一発で火はつきましたよ!

3、私の失敗談

ここからは私の失敗談です

火をつけること自体は難しい事ではないと思います

しかし、弱火の炭と強火の炭をうまく作ることが

肉を上手く焼く秘訣だと思います

何のために火おこしをするかというと

ものを焼くためですよね

私はいつも火が強すぎて肉を焦がしてしまいました

高さを調整できるバーベキューグリルだったら良いのですが

私のは出来ないので

炭で調整するしかないのです

いきなり勢いよく火はつけず

少しずつ炭に火をつけることをおすすめします

また、火消ツボなどを持っていくと

炭を取ったり出来るので良いと思いますよ

あまりにも私の火の調整が下手すぎるので

コールマンの焼き肉が出来るガスコンロ買ってしまいました

ガス最高!と言いたいところですが

諦めずにうまく火おこしが出来るように頑張ります!

最後まで読んでくれてありがとう!

良いキャンプライフを!

-アウトドア, キャンプ, キャンプ場, キャンプ用品

Copyright© キャンプ最高! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.