アウトドア キャンプ キャンプ 対策 キャンプ場

キャンプ場に行って夜寝る前にすること

投稿日:

こんにちはかつるいスです。

今回はキャンプ場に行って夜寝る前にすることについてお話ししたいと思います。

動物対策、夜露対策等いろいろな対策が必要になってきますので

私の失敗談を含めお話ししていきたいと思います。

目次

1、キャンプ場での動物対策

2、キャンプ場での夜露対策

3、キャンプ場での安全対策

4、キャンプ場での夜の思い出

それでは行ってみましょう。

1、キャンプ場での動物対策

これには虫の対策も入ります。

まずはゴミ処理です

ゴミは小動物に狙われやすく、ビニール袋に入れたまま

放置しておくと朝起きたら散乱していることがあるようです。

まだ私はありませんが、散乱していたら朝からテンション下がりますよね

ですのでできれば車の中にゴミを入れておくのがベストですが

どうしてもいやであれば少量でもゴミ捨て場に持って行ってしまう

ことです。

また、洗わない食器も狙われやすいようです。

夜な夜な荒らされるケースは本当にあるようです。

食事が終わったらちゃんと洗いましょう

2、キャンプ場での夜露対策

夜はとにかくタープの下にキャンプ用品は入れましょう

よく晴れた晩には夜露がおりやすいです。

また、急な天候の変化は良くあることです

私も今のところ天気が晴れであっても夜に雨が降ることが結構あります

寝ている間で気がつかないこともありましたがキャンプ場に行ったら

半分くらいの確率で雨が降っている気がします。

ここで私の失敗談ですが

トイレに行くための靴を外に出しっぱなしにしてしまい

いざ行こうとしたらびしょびしょだったということがあります

ツールームテントを買ってからはありませんが

靴は中に入れるかタープとテントをつなげて建てるか等のことが

必要になってきますね!

因みに夜露に関しては別の記事で結露に関しても触れております。

宜しければ参考にしていただけたら嬉しいです。

3、キャンプ場での安全対策

テントを張っているロープのゆるみを確認する事

結構これ大事です風が強い日は特にですがバサバサして夜不安な時があります

もちろん飛ばされたことはありませんが

音も気になり眠れなくなるのでせめて安心して寝るために

一度ロープのゆるみの確認をして就寝することをおすすめします。

ランタンの消灯とランタンスタンドにかけっぱなしにしない

消灯は忘れることはないと思いますが

もし倒れたりしたら大変なのでランタンを下ろしておくのを忘れないようにしましょう

4、キャンプ場での夜の思い出

夜寝る前に

テーブル、キッチンテーブル、椅子、ランタン等

あらゆるものをタープの下に入れて寝ました

風もあまり強くなかったため、風で揺れるテントの音も気になりませんでした

一つ気になることがあって寝ることが出来ませんでした

寝る前にキャンプ用品の盗難ということを考えていなかったのです

夜結構人が通る区画サイトに泊まることになったため

足音が気になってしまってしょうがなかったのです

最初はちょっと気になるなぁ程度だったのですが

だんだんキャンプ用品盗まれてたらどうしようと思うようになってしまい

結局ツールームテントのリビング部分に入れた思い出があります。

この時の経験を活かし長いワイヤーロープのカギを持ってきて

外に置いてあるキャンプ用品はすべて繋ごうと考えました。

まだ実行は出来ていませんが実行出来たらご報告しようと思います。

私は今まで寝る際に気になったことは

足音、動物の鳴き声、地面の木の根っ子、風の音

あとは暑いと寒いです

妻は暑いと寒いが主に気になっているようです。

快適な夜の睡眠を得るためには何回か経験が必要になるかもしれませんが

とりあえず、動物対策、夜露対策、安全対策をしておけば

大それたことにはならないと思います。

因みに盗難対策についても記事を書いていますので

参考にしていただけたら嬉しいです

是非夜快適な睡眠を得られるようになって

最高のキャンプライフを過ごしてください!

最後まで読んでくれてありがとう!


-アウトドア, キャンプ, キャンプ 対策, キャンプ場

Copyright© キャンプ最高! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.