キャンプ キャンプ 初心者 キャンプ 初心者 キャンプ用品

コールマン以外のキャンプ用品を選んだ理由!

投稿日:

こんにちはかつるいスです

今回はコールマン以外のキャンプ用品を選んだ理由についてお話ししたいと思います

何を言いたいかというと普段我が家のキャンプ用品はコールマンで揃えております

ですが、コールマンではない商品もあります

そこにはコールマンより良いと思ってその商品を選んでいる理由があるのに気付きましたのでお伝えできればと思いました

ではさっそくいってみましょう

1、焚き火台 ロゴス

我が家の焚き火台はロゴスです

なぜこの焚き火台を選んだのかというと

焚き火とバーベキュー双方が出来ること

たたむとコンパクトになること

さらには10000円しないリーズナブルな値段であったことです

もちろんコールマンの焚き火台も見ました

コールマンの焚き火台で始めに目についたのはファイヤーディスクです

これはイメージなのですが皿の部分はがかさばりそうなのと

バーベキューが出来なさそう本当にイメージです

皿の部分のかさばりそうは実際に使っていないので分からないのですが

バーベキューは網を使えば出来るようです

ただ皿が浅いので火に近すぎるのではないかと考えてしまいました

ちなみにこのファイヤーディスクはベストデザイン賞を取っていたきたします

確かにかっこいいのですがイメージが先行してしまって購入しませんでした

もう一つの焚き火台です

こちらは本当は購入したかったのですが

少し高額でした。また、バーベキューを出来るイメージがわかなかったので

購入には至りませんでした

私の求めていたものがコンパクトにたためて、バーベキューが出来るという

物だったのですがそのイメージに合わなかったのが原因で購入に至りませんでした

また、その他に購入しようかなぁと思っていたのは

キャプテンスタッグの焚き火台

安いしバーベキューと焚き火療法が出来て

コンパクトにたためるというイメージもつくので良かったのですが

ロゴスのブランド力に負けてしまいました

このようにして自分の求めているものをイメージして選んだ結果

ロゴスの焚き火台に至りました

後悔はしておりませんが何点か気になる点もあります

それはすぐに黒くなる、火の調整が出来ない

すぐに黒くなるということは一度使うと黒く変色してしまい何回も使った

ようになってしまいます

火の調整が出来ないということはどういうことかというと

ユニフレームの焚き火台は網の高さが2段階に出来るので

火が強すぎたら網を遠ざけることが出来るのでいいなぁと思っています

この2点ですかね

総合的には後悔しておりません。

本当にコンパクトにたためるし、リーズナブルな値段は本当ですよ

2、尾上製作所のマルチファイヤーテーブル

尾上製作所のマルチファイヤーテーブル

なぜこのテーブルを選んだのかというと

安い!これだけでした

コールマンの商品はこちらですが

コールマンのテーブルは12000円以上です

それに対し尾上製作所のテーブルは6700円程度

安いと思いませんか?

しかも使ってみて分かったことなのですが汚れが付きにくく

さっとふくだけでほとんどの汚れは取れます

尾上製作所のマルチファイヤーテーブルの唯一の気になる点と言えば

重さです。9kgあるので重いです。ちなみにコールマンのテーブルは

6kg・・・あんまり変わらないかなぁという方は絶対的に

尾上製作所のマルチファイヤーテーブルをおすすめしますよ!

3、ホットサンドメーカー

我が家のホットサンドメーカーはダッフィーとシェリーメイです

嫁さんがこれがいいの一言で決まりました

5000円程度だったので思ったより安かったですね

普通のホットサンドメーカーは2000円程度なのですが

ディズニー価格なのでしょうがないかなぁと感じが勝った当初はしていました

しかし、今現在(2019年6月11日)ダッフィーのホットサンドメーカーは

最低でも19000円程度・・・めっちゃ上がってます

嫁ナイスです

ホットサンドメーカーとしても全然文句なしです

売るつもりはもちろんないのですが価格が上がるのはすごくうれしいですよ

以上がコールマン以外のキャンプ用品を選んだ理由です

もう何点かあるので次回また紹介しようと思います

ご参考になればうれしいです

それでは最後まで読んでくれてありがとう

良いキャンプライフを!

-キャンプ, キャンプ 初心者, キャンプ 初心者 キャンプ用品

Copyright© キャンプ最高! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.